新作チェック1015

はい。白状します。
崎陽軒のシウマイ食べたことがないんです。
はい、関西人ですもの。

というわけで入手しました

崎陽軒真空パック シウマイの箱

ほー、これが噂に聞く崎陽軒ですか。
ふむふむ。真空パックで日持ちするのはいいですね。
ではでは、レンジでチンです。

崎陽軒真空パック シウマイ

なんかつながってる!!
はー、真空パックだから隣同士、皮がひっついていたんですね。
まぁ食べるときに箸でつまんだら取れましたので
無問題です。

お味の方は、う~ん、ちょっとなんか匂いにクセがありますね。
豚の処理の関係でしょうか。
関東は関西より豚の匂いに寛容ですからね。

これはこれでありですが
日持ちするという利点が一番のメリットな気がします。

www.amazon.co.jp




はい。今日のスイーツです。
『プロント』さんで、かぼちゃのモンブランです。

『プロント』かぼちゃのモンブラン

かぼちゃクリームが柔らかなのはいいんだけど
やっぱりかぼちゃって、上質のマロンと比べると
香りに劣るんですよね。

それで、カボチャの素材感を出そうと甘みを抑えてるから
口に入れるとちょっと拍子抜けの感じがします。

素材を感じされるのか、スイーツとしての完成度を上げるのか
難しいところですね。

食べ歩き1014

お店が出来ていたのは前から知ってはいたのですが
入る機会が無かったお店をチェックしました。
難波にある『麺に光りを~別邸~』さんです。

別邸と言うだけあって、難波は2店目であって、
本店はアメ村の方にあるらしいですね。

頂きましたのは醤油の光とチャーシュー丼です。

難波『麺に光りを~別邸~』醤油の光

難波『麺に光りを~別邸~』チャーシュー丼

ん?
このお店の什器は心斎橋にある『鶏Soba 座銀 にぼし店』さんに似ていますね。
なんか、経営的に関係あるお店だったのでしょうか?
まぁ、そんなことより問題はお味です。

「醤油の光」というメニュー名ですが
所謂、醤油スープの中華そばですね。

まずはスープを頂きます。
一口目に醤油のキリッとした味わいが口内に広がりますね。
そして、後味が鶏の旨味と甘み。
うん、いいスープです。

鶏肉の上に柚子が乗っているのですが
たぶん、これはスープに柚子を浸けて提供すると
スープ全体が柚子の香りになるから、その配慮でしょうね。
まずは、ノーマルのスープを飲むべし、
というお店側のメッセージが伝わります。

刻みネギは、縦に刻んであって、鮮烈な香りを引き出していますね。
具材の処理にもこだわりを感じます。

中華そばに入って居るタマネギは控えめで
チャーシューは柔らかで薫り高い。

うん、いい。
全体的に完成度がかなり高い中華そばですよこれ。

さて、チャーシュー丼も頂きましょう。
このチャーシュー、中華そばに入ってるお肉と別物では?
チャーシューの端材で作ってるのではなく
完全に別にわざわざ用意してるお肉でしょ、これ。

世によくあるチャーシュー丼は肉質が固いものが多いですが
これは、柔らかくて食べやすい肉質です。
ちゃんとシャーシューの脂が甘く感じられるんですよ。
こんな良いお肉使って本当にいいんですか?

丼にはネギも入っているのですが、
そのネギはチャーシューの下に隠してあります。
全体的に旨みの強い丼なので
丼として後半にネギを食べさせることで、
口内を引き締めるのを狙っていると思います。
これも配慮の一種でしょうね。

なにより、このチャーシュー丼のチャーシューは炙ってるんだけど、
焦げの香ばしさはあるのに、苦くない。
苦味が出る前にちゃんと炙りを止めてる。
で、肉の味つけも濃すぎず、米の邪魔にならない。
ずんずん食べ進められる。
素晴らしいです。

中華そばも丼も全体的にマイルドなのに、
それぞれ旨みがあって調和している。
これはかなりの逸品。

私はどうして、今までこの店に来てなかったんだ。
これは何回も通うクラスのお店ですよ。
何かのグランプリとかとっててもおかしくない味だと思いました。


最後に中華そばのスープだけ頂くと、
こんなに濃くて脂が多いスーブだったのかと、気づきました。
それを気づかせずに食べさせる工夫が詰まっていたということですね。

改めて繊細なバランスをとった素晴らしい中華そばでした。



はい、美味しいものを食べたあとはスイーツですよね。
ファミリーマート』さんで、
チョコ好きによるチョコ好きのためのチョコレートシュー
なるものがあったので食べて見ました。

ファミリーマート』チョコ好きによるチョコ好きのためのチョコレートシュー

これは、エクレア!
絶対エクレアだよ!!

結構ビターめな味です。
このチョコが濃いところが、チョコ好きのための、なのかな。


ついでに、じゃがりこの麻婆豆腐味も買ってみました。

カルビー』おつまみじゃがりこ 麻婆豆腐味

う~ん
確かに、香りは麻婆豆腐ですね。
香りは……。

新作チェック1009

ドトール』さんのミラノサンドリニューアルなのでチェックです。
ミラノサンドBのエビ・サーモン・カマンベールです。

ドトールミラノサンドB エビ・サーモン・カマンベール

酸味が強めマヨネーズソースですね。
エビは小さいながらプリッと感があります。
それに対してサーモンの風味は負け気味だけど
感じられないことはない。
そして、そこにカマンベールのコクと塩気。

ふむふむ、なかなか味が口の中で広がりますね。
面白い仕上がりだと思います。

看板を見たときは、
「なんでもカマンベール乗せたらいいと思っている?」
と懐疑的でしたが、これはなんとかバランスをとった感じですね。

結果手に来、ソースがレモン風味なのがいい仕事していると思います。
予想だともっとチーズが異質になるのかと思ったら、
思いのほか良いバランスでした。
このサンド悪くないね。

食べ歩き1008

ん? こんなところに南インドカレー屋がありましたっけ?
ふらっと梅田のグランフロントをぶらついていたら
新しいお店を発見しました。
ここは、前に何の店があった所だっけ?

う~ん、覚えてない。
というかちょくしょく来ていた『やまびこベーカリー』さんが
なくなってる!!

めっちゃショックです!
これはカレーを食べて癒やされないといけませんね。

というわけで
グランフロントの地下に出来ました『エリックサウス』さんで
ビリヤニセットです。

梅田グランフロント地下『エリックサウス』ビリヤニセット

うん。合格。
いや、普通にいいカレー屋さんじゃないですか。
これから梅田に来たら寄ります。

なんていうか、普通にレベルの高いビリヤニでした。
カレーもしっかりスパイスの香りがあってキレがよいカレー
箸休めのヨーグルとかもプレート全体のバランスがとれていて
文句の付けようが見つかりません。

良いお店が出来たのは嬉しいですが
やっぱり『やまびこベーカリー』さんがなくなったのは残念です。

r.gnavi.co.jp




はい、カレーを食べたので
そのままグランフロントでスイーツを探しました。
当然、グランフロントには数々の有名スイーツ屋があるのですが
どこも行列なんですよね。
というわけで、空いているところを探して落ち着いたのが
メルセデスmeカフェ』さんです。
はい、ベンツです。

公式Webサイト曰く「クルマとカフェが融合したブランド情報発信拠点」だそうです。
ともかく、看板を見たときに目を付けていたティラミスを頂きます。

梅田グランフロント『メルセデスMeカフェ』ティラミス

ちょっと、ちょっと、なんですかこれ。
本物のティラミスじゃないですか!

口に含むと濃厚な味わい。
チーズの香りもエスプレッソの香りも強いです。
柔らかだけどねっとり、まさにスイーツ。

さすがメルセデス。スイーツまで本物とは。脱帽です。

この『メルセデスmeカフェ』さん
電源コンセントはあるし、WiFiもあるし
この界隈では空いている。
これは良スポットではないですかね!


はい、本日の夕飯を求めて梅田をさまよった結果
台北餃子張記』さんに辿り着きました。
ごちゃごちゃ言ってないで、駆けつけ一杯です。

梅田『台北餃子張記』レモンサワー

レモン多いな! これが台湾流っぽいですね。
レモンで爽やかさを出すとかじゃなくて
レモンのキレでアルコールを流し込む、みたいな感じですね。

さて、早速酒のアテを頂いてきましょう。

梅田『台北餃子張記』ラムカツと鴨ロースの串揚げ

ラムカツと鴨ロースの串ですね。
アジアンテイストな逸品です。
ラムは旨味がありますが、甘旨タレを付ける鴨ロースの方が
私の好みでしたね。

それでは本日のメイン、張記式麻婆豆腐です。

梅田『台北餃子張記』張記式麻婆豆腐の横から

え、何これ?
これが麻婆……、だと……。
なんか二段に分かれてる。下が豆腐で
上から麻婆ソースをかけてる?
かなりの変わり種に見えます。
う~ん、なんか嫌な予感がしてきますね。

梅田『台北餃子張記』張記式麻婆豆腐

でも上から見ると麻婆です。
では、思い切って混ぜて頂きましょう。

うん。美味しい。
いやいや、嫌な予感は完全に外れましたね。

なんか、独特の味わいです。
それもこれも、この二段で分かれてくる料理法でしょう。
結論的にいうと、
下の白い部分は中華スープ、白湯系ですかね。
で、食べる直前に麻婆ソースと混ぜるわけですが
この手法の結果、混ぜた後にスープの味が強く感じるわけです。
なので、旨味が直接的に感じられますね。

逆に、この手順だから失っているものが香ばしさでしょうか。
本来の麻婆豆腐の作り方だと
最後に中華鍋の中で全部煮立てて香ばしさを引き出しますが
さすがに、この張記式はそこが弱いと言えます。

この作り方にも一長一短があると思いますが
長所の旨味の引き出しが上手くいっているので、全然ありです。
なんか、目からうろこでしたね。

はい、それでは〆は魯肉飯です。

梅田『台北餃子張記』魯肉飯

うん。普通の魯肉飯だ。

さっきの麻婆豆腐に全部持ってかれた感じですが
普通に食べれる普通の魯肉飯なんで、全然OK
なんの問題もないです。

今日は、色々と新しい発見がありましたね。
食べ歩きの醍醐味といったところです。

食べ歩き1007

はい、またまた『ローマ軒』さんのメニューをチェックして行きます。
今日は頂いたのは肉ぺぺです。

『ローマ軒』肉ぺぺ

ぺぺってぺぺロンチーノかと思ったらしい全然違った。
これは何ですかね?
よくわからないぞ、いやマジで。

クリームパスタに肉炒めを乗せたものに黒胡椒をかけてる?
クリームの中にはニンニクが入ってる。

肉炒めにはニンジンのみじん切りが入ってるのでのかな?
肉は甘めのカルビ。

う~ん、なんかパッとしない味というか、
クリームで味がぼやけているのかな。
チーズをかけまくってコクを出した方が良かったのかも。

う~ん、結局これは何なんだ?(笑)



はい、今日も頂き物の実食です。
『サンフーズ』さんのグリグリカレーです。

『サンフーズ』グリグリカレーのレトルトパック

『サンフーズ』グリグリカレー

前に食べたインドアカレーの姉妹品ですね。
辛くないグリーンカレーだそうです……。

辛くないグリーンカレーグリーンカレーなんだろうか……。
これはココナッツ煮じゃない?

新作チェック1004 

まぁ新作といっても、毎年やってるハロウィン限定メニューですが
スターバックス』さんのパンプキンスコーンを頂きました。

スターバックス』パンプキンスコーン

パンプキンの自然な甘さと、
スコーンの小麦粉感のマッチが良いですね。

カボチャの種の歯ごたえと香ばしさも好きです。


ところで
パンプキン(pumpkin)って
皮がオレンジ色の大きなカボチャ(ハロウィンで飾るやつ)のことで
皮が緑の日本の食用カボチャを指す英語は
スカッシュ(squash)の方が適切だそうですね。

日本に五万とあるパンプキンメニューのほとんどは
パンプキンを使っていないという事実。

うむ、実に日本っぽいです。